2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サキュバスだけど……なんか用? 5

1 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/10/19(木) 22:50:04

月の光を浴びて、今宵も私は踊り続ける…。
私の名はユフィール。
「地を這うサキュバス」…そう呼ばれたこともあった。

私と共に夢を見よう。
甘いが深い、虚ろな夢さ。
誰だっていい、私はいつでも待ち続けている。


前スレ
サキュバスだけど……なんか用? 4

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1137399765/



2 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/10/19(木) 22:50:52
少し遅れたが改めて自己紹介といくぞ。

【名前】 ユフィールという。姓は無い。必要も無い。
【種族】 サキュバスの変種。
【異名・肩書】 「地を這うサキュバス」。これは蔑称だが私は気に入っている。
【年齢】 …もう忘れた。
【性別】 私達は雌しかいないから…性別は無いに等しい。
【身長・体重】 身長165cm(角を含まない) 体重58kg
【スリーサイズ】 B87 W60 H90
【血液型】 知らん。
【瞳の色】 薄い灰色。
【髪の毛の色・長さ】 黒に近い濃灰色のショート。
【容姿の特徴・風貌】 灰色の肌で至るところに黒の瘢痕がある。頭には二本の角。
              私には翼が無い。代わりに背中には醜い触手がいっぱい生えている。
              全部で何本あるのかは自分でもよく判らない。
               普段は魔力で肌の色を変え、人間に化けているからこの姿を晒すことは滅多に無い。              
【属性】 地、闇。
【得意な技】 触手による物理攻撃。魔力ぶっ放し。性技。
【魔法】 呪い。我流だけど。
【性格】 敢えて言うとすれば、気分屋といったところか。
【趣味】 ……ここに記すのは止めておこう。
【恋愛経験の有無】 あるにはある。拙いことこの上無かったが。
【人生のモットー】 深入りしないことかな。臆病者なんでね。
【一言・その他】 ん? ああ、よろしく頼む。

【簡単なキャラ解説】
・翼の無いサキュバス。同族から迫害された過去を持つ。
・力は強いが魔族としての格は低い。
・自信たっぷりな口ぶりだが、その実コンプレックスの塊である。
・獲物を漁り官能によがり狂う一方で、処女性や清楚さに強い憧れを抱いている。
そして同時にそれが決して手に入らないことも理解している。
・ほんの些細なことで理性が吹っ飛び、奇行に奔ることがあるので取扱注意。

3 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/10/19(木) 22:52:49
前スレ>>967
自分が直に感じたことがお前にとっての唯一の真実。
私がどうこう言ったところで抽象的概念が一つ増えるだけのこと。
まずは私を感じろ。話はそれからだ。

前スレ>>968
人間達は私達を概してそう呼ぶな…。
やっていることはただ、抱いて、感じて、喰う…それだけなのにな。
私達はお前達が思っているほど獰猛というわけではない。
命の数で言うならお前達人間の方が遥かに多くを殺している。
「魔」は己の心の中に……といってもか弱い人間にはどうにもできないか。

前スレ>>969
話を少し飛躍させすぎな気もするが…まあ、私にとっては同じことだな。
いかなる機械も、兵器も、所詮、引き金を弾くのは心持つ人間だと言うことだ。
心の隙に忍び込み、誑かす…それが「魔」であるということを覚えておくがいい。
無論、私にも心がある以上、その逆もありうるわけだがな。

前スレ>>970
古文書…? 血生臭い匂いがする…。

前スレ>>971
古書ねえ…美術品なら掃いて棄てるほどあるんだがな。
…ああ、そういえば私の従者の中で古い魔道書を集めてる奴がいた。
魔法なんて全然使えないくせにな。
何でも魔道書の呪文が詩文として興味をそそられるらしい。
かなり古いものもあるから値打ち物があるかもしれない。

「セイ、ルゥーをここに呼んできな。」

…道か。あるといえばあるし、どこにも無いと言えば無い。
そうだな、今お前が持っている中で一番お薦めのものをくれ。
そうしたら街まで送ってやるよ。

4 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/10/19(木) 22:55:07
言い忘れていたが、一応ここは総合スレ形式。
同族の参加はいつでも歓迎だ。

5 :???:2006/10/19(木) 23:10:30
イアイアハストゥールなのだ

6 :名無しになりきれ:2006/10/20(金) 00:04:20
新スレおめでとん

7 :名無しになりきれ:2006/10/20(金) 09:51:33
バキューン

8 :名無しになりきれ:2006/10/20(金) 10:20:04
PINKに勃てるんじゃなかったのかよwwWWw

9 :モリ○ン:2006/10/20(金) 11:15:25
あはははは

10 :???:2006/10/20(金) 14:19:06
ユッフィ〜、ユッフィ〜いじめる?

11 :???:2006/10/20(金) 14:22:56
>5>10
妻と娘がすいません

12 :天使長クリオラ:2006/10/20(金) 21:46:17
>>1
人の心を弄ぶ魔族・・・罪は重いのですが、せめて一撃で楽にしてあげましょう。
エンジェル・・・クロスッ!

13 :名無しになりきれ:2006/10/20(金) 22:40:52
まだ引き篭もっていたのか、ユフィールとかいう負け犬

14 :古書商人 ◆1OFM5sCyWg :2006/10/21(土) 00:45:41
(あるけど、無いって…?昔読んだ本にあった謎かけみたいだな?)

ええと、それでしたら…こちらなどいかがでしょうか?

〔呪言総覧 地の書〕

前の持ち主─『魔導士』だそうですが─によれば、「地に在る呪言の半分は収まっている」古書の、初版です。
こういった古書─『魔術書』の類がお好きでしたら、お薦めいたしますよ。

(魔法かぁ。本当にあったら、爺さんもアイツも助かったかな…っと、いかん!しっかりしなくては!)

ええ、著者は歴史学者でもあったので、きちんと資料を調べて書かれているのは確かなようですね。
この著者の歴史書は、結構高値で取引されてますし。

(…あの謎かけって、魔物に出会った旅人の話だっけ?魔法に、魔物って─ハハ、本の中じゃあるまいし。)

15 :名無しになりきれ:2006/10/21(土) 12:35:16
一昨年、三選目を果たしたモスクワ市長ユーリ=ルジュコフ氏に何か一言

16 :名無しになりきれ:2006/10/22(日) 23:44:11
(*´Д`)ハァハァ

17 :名無しになりきれ:2006/10/24(火) 15:34:23
血の洗礼を・・・

18 :ザビー:2006/10/24(火) 23:02:55
のわあぁぁ!ヤバン!ヤバンな人ヨー!
むむむこうなったら…タクティシャン!出番デース!

(セイの目の前に緑色の鎧に身を包み、巨大な輪刀を携えた男が現れる)

「お呼びですかザビー様?」
タクティシャン!その人に愛を教えてあげなサーイ!こうなったら側近の方から入信させてやりますヨ!
「その期待に応えよう、我が名はサンデー!跪くがよい!!」

(セイの足元が光ったかと思うと、急に地面が爆発する)

19 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/10/25(水) 02:17:25
>>5
どっかの挨拶の言葉か?
イアイアハズッ………舌噛んじまったよ…。

>>6
いろいろあったがどうにかここまで来たな。
早かったのか遅かったのか…何だか変な気分だ。
時間の流れなんざとっくの昔に忘れていたと思っていたのに。
しかしまあ、ここは素直に礼を述べておくべきだな。
ありがとう。その言葉嬉しく思うよ。

>>7
おやおや、始まって早々にご挨拶だなまったく。
だが、弾丸では私の魂は貫けない。
そんなものを浴びせられるくらいなら、死にかけの萎えた○○○を体の中に迎え入れるほうが何倍も楽しめる。

>>8
私自身はそんなことを一言も言っていないが?

>>9
高貴な匂いの中に感じる渇き…。
貴女は力も地位も才知も…全てを約束された存在だった筈。
全てをかなぐり捨てても求め続けるその姿はまさにサキュバスの鏡と言えよう。
私の如き愚物などとは比べるべくも無い。

>>10
いじめない、いじめるつもりなど毛頭無いよ。
ただ、二人で一緒に気持ちよくなるだけ。
だから怖がることは無い、全て私に委ねるがいい。

>>11
妻とか娘とか以前に、まずお前が誰じゃいな。

>>12
こっ、高位の天使だけあって凄まじい力だ…。
何が罪で何が正義かなど私には何の意味も無い話…。
どんなに祈っても、どんなに救いを求めても、私は手を差し伸べてはもらえなかった。
力こそ全て。
私がその時に至った結論だよ。至って明快、当然の帰結さ。
それが全てでは無いことも後になってわかったが、依然、世界を支配しているのは力だ。
力さえあれば、この天地すら逆転させることができるものを。
今は無理でも…いつかその輝ける環と翼を?ぎ取ってやる。

20 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/10/25(水) 02:18:33
>>13
前にも似たようなことを言われた覚えがあるな。
私が負け犬だというのには同意だが、別に引き篭もってなどいないよ。
交わりを持つということは己を開くということ。
昨日までの自分とは違う自分になっているかもしれない不安との戦いだ。
それなりの…まあ覚悟という程のものでもないが、思い切りの良さは必要だ。
サキュバスにだってそれができない奴がいるんだぞ?

>>14
ふーん、これがお前のお薦めの一品ってわけか……ん?
(これは……また…魔術師が見たら泣いて喜びそうな…物が…転がり込んできたな…。)
(しかしこいつは…これの価値がわかってないということは、そういうのとは無縁の世界の人間か…?)

ルゥー「…お待たせいたしまして申し訳ありません。」
(ユフィールの背後からだぼだぼの服と頭巾を着た少年が現れる。)
(十冊ほどの古書を抱えているが、背が低く華奢なせいか、どこか危なっかしい。)

これがうちから出す古書類だ。
魔界絵図とか、魔道書とかそんな怪しいもんばっかりだけどな。
しかしこの程度のちんけな本ではこの魔道書のお代としては足りないか…。

>>15
おめでとう。
まあ、それぐらいしか言えないだろう。

>>16
そんな遠くからでも、お前の荒い息遣いがはっきりと聞こえるぞ。
遠巻きに見ているぐらいなら近くに寄れ。まだるっこしいことこの上無い。
いきなり罵倒したりしないから。
近頃の人間の女は気性が激しいせいか、お前みたいなのが増えた。
まあそのほうが私としても仕事がやりやすいか。張り合いが無い、とも言うが。
少し優しくしてやるだけで簡単に体を預けてくれるからな。
…おっと、これはこっちの話。

>>17
血の洗礼を受けたいのか、私に受けさせたいのか、どっちなんだ?
後者なら、私は既に血塗れ精液塗れのドロドロだ。間に合ってる。
前者の方なら……私の血の色ははっきり言って汚い。
霊格も最底辺レベルだから後々苦労することになるぞ?
悪いことは言わない、やめておけ。

>>18
(爆発により、セイの両足が吹き飛ぶ。)

…!! セイ! セイイイィィ!!
セイ……ああ…私のセイ…。こんなになって…。

セイ「申し訳ありません……また…ユフィール様の足を引っ張ってしまいました…。
    どうか何なりと御仕置きを下さいませ…。

ああ、わかってる。罰なら後でいくらでもくれてやるから、今は喋るな…。
……私の大事な侍従に手を出したんだ、どうなるかわかっているな?
最大級の責め苦を味わわせた後、骨ごとこの世から抹消してくれる!!

(背中の触手が弾けるように拡がり、二人に襲いかかる。)

21 :名無しになりきれ:2006/10/25(水) 16:11:14
サッキュバスのエレノアです
サッキュバスのメリッサなのだ
インキュバスのアルカンツェルだ
参上!!

22 :古書商人 ◆1OFM5sCyWg :2006/10/27(金) 19:28:00
おおっ、これはまた歴史のありそうな…!では、見させて頂きます。
(ルゥーから古書を丁寧に受け取って、鑑定を始める。)

これは!禁書として全て焼かれたと言われる「黒の経典」!しかも初版! ←魔道書としての価値:低
こっちは実在が疑われていた「魔界絵図」!?著者の記名は…本物!? ←魔道書としての価値:低
ああ、悪魔に魂を売って書かれたと言われた「魔の言葉─闇の詩」まで! ←魔道書としての(ry

(夢中で鑑定しているが、ユフィールとルゥーの呆れた視線に気付く)

はっ!ああ、すいません。貴重なモノばかりだったので、つい夢中になってしまって…。
(いいのかなぁ、あんな怪しげなモノの代金としては高すぎるんじゃ…。確かに商売だけど…。)
(…そういえば、昔読んだ本の中の旅人は、欲を出したばかりに魔物に食われて物語が終わったんだっけ。)

あの、その本と今持ち合わせている分では買い取り代金が不足しそうなもので…。
よろしかったら、今日は半分だけお引取りして、後日また改めてということに。
他にも何冊か似たような古書が店にありますので、そちらをお持ちすることもできますし。
(あれ?何か驚いた顔されてる?買い取り代金が安すぎたのか!?)

23 :名無しになりきれ:2006/10/28(土) 11:08:00
⊂二二二( ^ω^)二⊃サキュバスを討伐にきました⊂二(^ω^ )二二二⊃

24 :名無しになりきれ:2006/10/29(日) 07:57:08
オーラバトラーになりたいです。
どうしたらなれるのでしょう?

25 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/01(水) 00:22:17
>>21
家族か…仲が良さそうで何よりだ。
私には家族と言えるようなものがいないから、少し羨ましく映る。
私の下にいる子達は皆いい子だし、この身の全てを捧げてもいいと思うほど愛してる。
だが、やはり、私達は近しくなり過ぎた。家族と呼ぶにはあまりにも、な。
程よく心地のいい…私には持てなかった距離がお前達にはある……ように見える。
実際にどうなのかは知らんがな。

>>22
ルゥー「ひそひそ…(ユフィール様…。)」

ひそひそ…(…ああ、わかってるさ。随分と「いい」鑑定眼をしているみたいだな、こいつ。)
(…ん? どうしたルゥー。ははーん、お前、何か悪いこと考えてるだろう?)

ルゥー「…………。」

ごにょごにょ…(あいつからいい魔道書せしめた上で精気まで頂こうって腹だろ?)
(無愛想な顔をしていても、欲に火が点くと瞳が輝く。まあ、こいつと同じようなもんだな。)

ふふっ、こんなものでよければこの子の部屋に沢山ある。
欲しいものがあったらいつでもここを訪れるがいい。
代金はなるべく物々交換で頼む。こんな森ん中だと金を溜め込んでもあんまり意味が無いんだ。
払うものが無くなったら……そうだな…お前の体で払ってもらうなんてどうだ?

>>23
討伐の部隊にしては…随分と変だ。
だが、常に微笑みを浮かべている奴というのはなかなか恐ろしい。
しかも両手を広げたままこっちに迫ってくるんだぞ?
とりあえずぶん殴っておくことにする。
私の防衛本能を働かせただけでも賞賛に値するよ。

>>24
オーラ? 人間はは魔力を色んな呼び方するな…。
私にはオーラバトラーとそうでない者の違いがよくわからんが。

人間ってのは生まれつきの「器」の縛りがきついからな…。
まあ、それでも意志を持つと持たざるとでは力の差は何百倍の差にもなって現れることもある。
力が欲しいのなら、力を望め。人に尋ねるようではまだまだ足りん。
望めば自ずと体は動く。頭も回る。

26 :名無しになりきれ:2006/11/01(水) 01:16:15
尻尾触らせてー

そして西遊記を喰らえっ!
http://www.youtube.com/watch?v=Kp351bRQM54&mode=related&search=

27 :名無しになりきれ:2006/11/01(水) 11:10:44
サキュバスってエッチなことする生き物だよね?
していいよ〜

28 :ザビー:2006/11/01(水) 20:18:12
フッフッフ、サンデーだけじゃありませんヨ!カマーン!!
「ちぇりゃあああー!!」

(ユフィールの触手を大剣を持った老人が叩き斬る)

チェスト島津!ヤマトダマシイを見せてあげなサーイ!
「ザビー様の愛は偉大じゃあ!おまはん達も入信せんね!」

(大剣を構え、キリの前に立ちはだかる)

「示現流、愛の太刀!喰らうがよか!!」

(大剣を一気に振り下ろす)

29 :名無しになりきれ:2006/11/02(木) 01:30:45
血の盟約により・・・・お前を手助けしよう・・・・

30 :名無しになりきれ:2006/11/02(木) 06:59:59
喰らえ邪悪なサキュバスめ!たった今ヴァチカンで法王様直々にお清めして
頂いた30m.機関砲と銃弾を!一発一発の弾丸がお前の体を削り取るのだ!
やったッ!命中だッ!しゃぶれッ!俺の弾丸をしゃぶれッ!このドグサレがッ!




チラシの裏
>>28
無双のイメージで義弘語るな(つДT)

31 :名無しになりきれ:2006/11/04(土) 11:53:05
下僕にしてください(*´Д)

32 :名無しになりきれ:2006/11/04(土) 11:55:00
3mのマリア像を食らえ!!

激マリアミサイル!!

33 :古書商人 ◆1OFM5sCyWg :2006/11/04(土) 21:56:35
!!(体でって…じょ、冗談…だよな…?)
物々交換でよろしいのでしたら、明日にでもまた伺います。
こういった古書は店に沢山ありますので、お気に召すモノもあるかと…。
(倉庫に山になってるんだよな。ウチには不思議とこの手の売れないモノだけ集まりやすいんだ…はぁ。)

ではとりあえず、今日は古書の半分をお引取りして失礼します。
残りは、今度伺った時に他の本と交換ということで。持ち運びが大変でしたら、お部屋まで引き取りに伺いますよ。
代金として、こちらからは先程の本と、他には…そうだ、これを。

[呪術─その儀式と大系]

著者は魔女の末裔だ、なんて噂されてた「その筋」の研究家ですね。
複製された数が少ない事もあって、状態が良いのは珍しいんだそうですよ。
(これも自称「魔導士」絶賛の怪しいモノなんだよな。…代価に足りるといいんだけど。)

34 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/05(日) 22:03:41
>>26
よく間違えられるが…私に尻尾は無い。
私のぬめぬめした腕でいいならいくらでも触っていいぞ?
ほ〜れ、ほれほれ。

…心あるものの業を実によくわかりやすくかつ、滑稽に描いている。
最も業深い者が、教条を説く立場の和尚さんというのが面白い。
ま、聖人などと形容される奴の真実なんて、みんなそんなものだろうけど。

>>27
勿論そういうことを生業とし、好むところが私達の一つのアイデンティティと言えようが。
それが私達の全てというわけでもない。
ん? いや、私の場合はそれもかなり怪しいかな…。
ふふっ、しかしまあ、お前のような浅はかな奴が多くいるおかげで私達は栄えることができる。
本当に……わかっていないんだからなっ!

ちゅ…ちゅっ……ずずずずずずずずず…。
(>27の首根っこを掴んで無理矢理接吻し、精気を吸いまくる。)

>>28
(それは背を向け立っていた。)
(剣が肩に深く食い込み、その巨体から多量の血が滴り落ちる。)

キリ「グ…フゥ……私ハ非力ダ。
    貴女ノ盾トナルコト……私ニハソレシカデキナイ…。」

…気にするな。お前はそれだけで十分美しい。
傷が治ったら久々に相手をしてやるから、さっさと退いてろ。

(キリの血を自分の顔に塗りつけるユフィール。ぶつぶつと何かを呟いている。)

>>29
血の…? お前は誰だ? 私はお前を呼んでなど…。

>>30
(突如背後から現れ、>30に抱きつくユフィール。)

残念だったな…お前が射抜いたのはお前自身が見た幻…。
常日頃から言っているだろう? 武器に頼るなって。
私がしゃぶるのはお前の体だ…んふふふ…ぺろっとな。

法王の清め、ねえ…。
確かに穢れの無い者の祈りが私達に対して特別な働きを持つことはあるが…。
それが法王だとも思えんな。
権威の頂点に座しながら純血を保つことなど到底できはしない。
表面をどんなに取り繕っていてもな。

35 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/05(日) 22:04:21
>>31
それは下僕とは言わんよ。ただの餌だ。
よって却下。
餌としてなら食ってやってもいいが。

>>32
まったくもう…最近はやたらでかいものを飛ばすのが流行っているのか?
像の一つや二つ、どうってことないだろうに…。

そういやマリアっていえばイエスの子を産んだとかいう娼婦もマリアだったんだっけ。
奇妙なもんだよな。神の子の妻が娼婦ってのも。

>>33
こっ、これは……(呪いの原理と基礎が詳細に載っている…!?)
お前…この本、どこ………いや、やっぱりいい。
(我流でしか呪いを扱っていない私には、これはなかなか宝、かも。)
魔道書、確かに受け取ったぞ。ルゥー、お客人を森の外まで案内してやんな。
ああ、そうそう。

(自分のピアスを外して商人に手渡す。)

ふふっ、これはちょっとしたお守りだ。お前が道に迷わない為の、な。
それじゃあルゥー、後は頼んだ。

36 :名無しになりきれ:2006/11/06(月) 07:16:54
ど、どこを舐めているんだ!?この化物めッ!(ヘルメットでユフィールの頭を一撃)
ロシア軍人はうろたえないッ!私を今までのアホな連中と一緒にするなよ!?

(距離を開けて、ナイフをユフィールの頭部目掛けて投げる)

37 :名無しになりきれ:2006/11/06(月) 14:24:50
精気を吸えるのはち○こからだけじゃないのね



38 :名無しになりきれ:2006/11/06(月) 20:08:23
ユフィール様ユフィール様ユフィール様
わたくしのペットになってください(´ ・ ω・)

39 :名無しになりきれ:2006/11/07(火) 01:56:20
眠いので膝枕してよ

40 :名無しになりきれ:2006/11/08(水) 19:39:48
>身長165cm(角を含まない) 体重58kg

この身長でこの体重か……
ゆひーるもしかして運動不足じゃね?

41 :名無しになりきれ:2006/11/08(水) 20:42:45
羽がでかいんじゃ・・

42 :名無しになりきれ:2006/11/08(水) 22:00:44
触手だよ

43 :名無しになりきれ:2006/11/09(木) 11:15:57
アヌビスよ!!

44 :古書商人 ◆1OFM5sCyWg :2006/11/09(木) 18:42:33
おお、迷わずに森を抜けれた!前来た時は同じ所をぐるぐる回ってた感じだったのに、俺GJ!
(森を抜けるまで>>35でもらったピアスが鈍く輝いていたが、全く気付いていない。)

(館の扉をノックして)
先日はどうも!今日は店からお気に召しそうな古書を色々と持って参りました。
(…正しくは、倉庫にあった怪しさ全開のモノばっかりだけど。)
けっこう数があって重いですし、よろしければルゥーさんのお部屋まで運びましょうか?

45 :名無しになりきれ:2006/11/10(金) 07:18:07
イアイアロードビヤーキー

46 :名無しになりきれ:2006/11/10(金) 07:21:36
おっぱい触りたい

47 :名無しになりきれ:2006/11/11(土) 00:34:18
さてここらで一発・・犯るか!

48 :ザビー:2006/11/11(土) 03:47:19
「何じゃ、ぶつくさ呟きおって、はっきりものを…ぬおおぉぉぉ!?」

(チェストに向かって黒い光が連続で発射される)

「ひ、髭ば生えた…天使が見えっど…」
アレマ!チェストがやられちゃっタ!?
「おのれ…入信を理由に許してやろうと思ったが…もう許さぬ!」

(サンデーは輪刀を構えるが、突然足元から現れた触手に動きを止められる)
「な、何!?計算してないぞ!!」

49 :名無しになりきれ:2006/11/11(土) 13:25:06
戦闘厨うぜぇ

50 :名無しになりきれ:2006/11/12(日) 14:09:47
写真撮らせてください
この白衣着てください

51 :名無しになりきれ:2006/11/14(火) 19:02:39
らめぇぇぇぇぇ、ちんぽみるくでちゃうぅぅぅぅう!!

52 :名無しになりきれ:2006/11/18(土) 22:50:11
にゃーん

53 :パステル ◆bVt.cW85Ug :2006/11/18(土) 23:32:25
【名前】パステル
【種族】サキュバス
【異名・肩書】…さあ、そこまで有名でないものですから。
【年齢】サキュバスとはいえ女性に歳を聞くのは野暮だと思いますの…。 
【性別】女、♀、です。
【身長・体重】155/40 
【スリーサイズ】B63 W52 H67 
【血液型】…多分性格上からするとB型の可能性大です。 
【瞳の色】沼のような真黒 
【髪の毛の色・長さ】三つ編みで黒色。 
【容姿の特徴・風貌】…色白で華奢な体です。グラマーというよりはスレンダーです…。
              あとは…コウモリのような翼がありますわ。 
              収納可能でとっても便利です、あ、それと普段は眼鏡をかけております…。
【属性】闇       
【得意な技】幻術、淫夢 
【魔法】…幻術系統が得意です。でも魔法はどちらかというと苦手ですの。 
【性格】熱しやすくて冷めやすい…でしょうか
【趣味】…読書です。
【恋愛経験の有無】…あるにはありますけど、続かないんです。
【人生のモットー】…楽しむということですわね、
【一言・その他】よろしくお願いします。
【簡単なキャラ解説】
下位のサキュバス、なのだが持っている力は強め。
いつも微笑み丁寧な口調だがそれは感情が希薄なことの裏返し。
実際は笑って人を殺せるような非常に冷たい一面がある。

54 :名無しになりきれ:2006/11/18(土) 23:59:14
ちょwスリーサイズ・・

55 :名無しになりきれ:2006/11/19(日) 00:28:31
誰かー「ソロモンズリング」持っている人いないかー。
あれさえあればユフィールさんも(ry

と、いうだけ言ってみる。

56 :名無しになりきれ:2006/11/19(日) 03:46:31
貧乳だ!

57 :名無しになりきれ:2006/11/19(日) 12:18:56
ロリサキュバスか

58 :パステル ◆bVt.cW85Ug :2006/11/19(日) 21:19:09
>>54
言いたいことはなんとなしに分かりますけど…
それ以上言うのはおやめになってください、
だって、それ以上いうのは野暮というものでしょう…?
それに、愛し合うのには関係ないですし、

>>55
私…あれあまり好ましくありません。
だって…あれってとても無個性なものじゃないですか。確かに強力です。
しかし、ああ、でも、みんなが持ちたくなるものというのは、
なんであんなに魅力に欠けるんでしょう……そしてそれに踊らされるかたがたも、
なんであれ程までにつまらないのでしょうか。

>と、いうだけ言ってみる。
あ、そうでしたの、貴方もてっきり他のつまらない部類の殿方と一緒かと思ってしまいました。
お詫びに気持ちよくさせてあげますから、どうか無礼を許してください、

>>56
驚くことの程でもありません、それに大きさは技量で十分に補えると思っていますの。
……ところで、貴方の方はどうなんでしょうか?
私、そちらの方に興味があります……ちょっと失礼させてもらっても構わないのでしたら、
確かめさせてもらいますけど……いいでしょうか?

>>57
ええ、そうなりますわね……殿方は幼児体型お嫌いですか?
お嫌いならば仕方ありませんけど、もしも、
そういうご趣味があるのなら、私と夜が更けるまで愛し合いませんか?

私、貴方のが欲しいんですの♥

59 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/19(日) 22:11:43
>>36
痛っ……それは攻撃ではなく抵抗だな。
軍人ね…お前軍人だったのか。道理で「溜まっている」感じの匂いがすると思ったよ。
本当はヤりたくてヤりたくて仕方が無いのだろう? ん?

どすっ!
(鈍い音と共にユフィールの眉間にナイフが突き刺さった。)
(しかし、全く怯む様子も無く、緩慢な動きで迫ってくる。)

お前は優れた軍人なのだろうが、異世界の住人を相手にするには荷が重い。
その恐怖を拭い去るにはまずは知ること、だ。
まずは私を知れ。隅から隅までな。


>>37
精気が漏れ出る場所は何箇所かあるからな。
何も性器でなければいけないというわけではない。
私は吸いたい場所から吸う。それだけだ。

余談になるが、サキュバスの中には離れたところからでも精気を吸える奴がいる。
私は触っていたいから、できてもやらんけどな。

>>38
この手の願いを私が断ることはまあ、無いな。
私を飼いならせるのならやってみるがいい。
それが私の基本的なスタンスだ。
しかし、単に愛玩になるといっても、それ即ち従属になるとは限らない。
傲慢で我侭で気分屋な獣を投げ出さずに飼うことができるのか…。
未だ一人も成し遂げたことは無い。

>>39
膝枕…? ま、別にいいけど。

(ぺたんとその場に座り込むユフィール。)

…………悪い、なんか間がもたないな。
いつもなら甘く淫らな台詞の一つでも囁いてその気にさせてやるのだが。
お前の顔見てたらなんか…何も言葉が思い浮かばなかった。
だがまあお前の間抜けな寝顔をずっと覗いているのも悪くは無い。
そう思った。

>>40-42
…ああ、体重のほうには角と触手(うで)のぶんも含まれているからな。
人間と同じ基準ならだいたい50kg前後だと思ってくれ。

どうでもいいが、最近の人間の女は体重とやらに囚われ過ぎだと思う。
大事なのはあくまで外見のバランスであって、数字自体には何の意味も無い。

60 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/19(日) 22:13:39
>>43
アヌビス……獣面の冥王、だったかな?
不義の子でありながらも己の存在を見定め、賢明に立ち回った。
自分にできること、できないことを知ることができたのだろう。
私にも彼の万分の一でも賢さがあれば………ふっ、そんな後ろ向きな思考だから…。

>>44
ルゥー「あそこの辺の本、あんたにあげるから…ちょっと手伝って。」

(本棚の上のほうを指差し、ルゥーは少しぶっきらぼうに言った。)
(ここは、ルゥーの部屋。天井が他の部屋よりも倍ほど高く、大きな本棚がいくつもそびえ立つ。)
(高い位置の本を取るための梯子がいくつも立てかけてある。)

ルゥー「僕の部屋…他の奴の部屋より広いんだ。
     ユフィール様が僕のためにってここ、くれた。何もできない僕のために…。
     あんたは……あんたはどうしてこんな商売やっているの?
     本物でも偽物でも、こういう本扱ってるといろいろ危ない目に遭うと思うんだけど。

(ルゥーは機嫌がいいのか、些か多弁である。)

>>46
自分には無いものに触っていたいという欲求…。
その欲求に間違いなど何も無いよ。私だってそうだから。
唯一つ間違いがあるとしたら……ううん、明かすのはまだにしておこうか。
全てが絶頂に達するその直前までのお預けだ。
今はそれでいい。

>>47
お前が「犯」るの一体何に対してなんだろうな。
私に? それとも自分に? 新しい規範、旧い倫理の破壊かな?
征服しきれない不甲斐ない己への嘆きか、鼓舞か。
ちっぽけで独り善がりな自由の謳歌か。
行き着く先が見え透き過ぎていてあまり面白くも無いが、付き合ってやろう。

>>48
計算……そう、所詮は計算だよ。
己の概念を超えた力の前では到って無力……それが計算。
まずはセイが受けた痛みを、同じく受けてもらうぞ。
はぁっ!!

>>50
写真」を撮るのはともかくとしてだ、何故に白衣なんだ?
普通はもうちょいと色気のある格好をさせるものだろう。
「働く女性の制服が好き」とも少し違うような…。
しかしまあ、これもなかなか悪くは無いか。
白という色の魔力か、これを羽織っているだけで私も少しは知的に見える。
ほんの少し賢くなったような錯覚も味わえるしな。

61 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/19(日) 22:14:11
>>51
…………男の垂れる、この手の声は本当に聞くに堪えない。

>>52
ん? 猫か?
ちっちっち、こっち来なよ…美味しい飯あげるから…。
…って、あれ? どっか行ってしまった。
私の匂いがお気に召さなかったのかな?
隠しているつもりでも、感じ取られてしまうものだな。

>>53,58 パステル

よく来てくれた、パステル。
私の名はユフィール。大地を、次元を彷徨う、ろくでなしってとこだ。
(これは美しい………が、底の見えない深い瞳をしている…。)
(ふふっ、先が、奥が見えないことほど面白い。…楽しみになってきたな。)
何ができるわけでもないが、よろしく頼む。
とりあえず私流の挨拶……は止めておこう。
初っ端からトバしすぎるのは私の悪い癖だからな。

>>54,56
おやおや、好みのサキュバスが降りてきたからって舞い上がり過ぎだって。
ふふっ、まあ気持ちはわからんでもない。
せいぜい喰われないように用心することだ。

>>55
その指輪(?)の詳細はよく知らんのだが、名前の響きからしていわくあり気な…。
まあ、手に入るかどうか怪しい道具で下らん妄想するより、今できることがあるはず。
お前が私を前にしてできること………………すまん、やっぱり何も無いや。
要するになんだ、素直に私の獲物になるべきだと思うんだ。

>>57
見た目がそうでも、中身は実は万を越えていたりするのが魔物の世界。
パステルがどうなのかは知らんがな。
よかったな、人間に生まれて。
老いも若きも外見である程度の判別ができる。

62 :古書商人 ◆1OFM5sCyWg :2006/11/20(月) 01:26:10
(うわ、広い部屋だ…。しかもこの本の量!)

「あげる」って…背表紙を見ただけで絶版と判る貴重なものが何冊も混じってますよ!?(←魔道書としての価値:低)
(前回交換してもらった古書は、溜まってた店の家賃を先払いできるだけ高値が付いたのに!)

もらうと言う訳にはちょっと…交換するなら、えーと持ってきたアレは…

〔禁じられた魔術儀式の記録〕
〔魔術具大全〕
〔魔力付与の術式一覧〕

初版で状態が中程度なので、この三冊でどうでしょう?(自称「魔導士」いわく評価は「なかなかだ」だったし。)
三冊とも、作家としてはあまり有名では無かったけど、この手の研究では有名だった著者のものです。
(その手の人達以外には全く需要が無いんで、店頭に置けずに倉庫行きになったんだよな…。)

この商売をやってる理由ですか?
簡単に言っちゃうと、爺さんがやってた商売の後を継いだんですよ。
両親が居ない私を育ててくれた爺さんが、殺さ─失礼、亡くなって、残ったのが借金と古書だけでして。
他に出来ることも無いし、何だかんだ言っても本が好きですしね。
危ない目、ですか…。何度か遭いはしたと思いますけど、何というか悪運だけは強いもんで。(自嘲気味にフッと笑う)

63 :名無しになりきれ:2006/11/20(月) 02:15:33
俺はロリコンだ
だからパステルが好きだ

64 :ルナ ◆noXAF8gj0o :2006/11/20(月) 03:17:08
こんな時間だけど自己紹介。
まぁ誰も見てないだろうけどね。
【名前】ルナだよ。
【種族】もちろんサキュバス。
【異名・肩書】獄炎の魔女とか言われたりしてた。
【年齢】ジャスト100歳! 
【性別】当然女。
【身長・体重】170cm 50kg
【スリーサイズ】 B89 W55 H91
【血液型】知らない。
【瞳の色】鮮やかな緑色って感じかな。
【髪の毛の色・長さ】結構髪は長いかな、色は赤。
【容姿の特徴・風貌】お尻に先の鋭く尖った尻尾が生えてるよ。
             肌は小麦色って感じ。
             3サイズを見てもらえば分るけどスタイルは良いよ。
             見た目は20代前半くらいに見えると思う。
【属性】炎    
【得意な技】火玉を作ること、後はこの鋭利な尻尾で攻撃しちゃうよ。
【魔法】炎系の魔法全般かな。 
【性格】喜怒哀楽が激しいかもね。
【趣味】格闘技観戦かな。
【恋愛経験の有無】まぁ何回かね。
【人生のモットー】無理せず適当に。
【一言・その他】 みんな仲良くしてね。
【簡単なキャラ解説】 人間の生活にすっかり慣れ親しんでいて
              一般人と変わらない日々を送っている。
              そのせいか実は人間になりたいと思っている。
              魔力が非常に高く、炎使いとしては
              トップクラスの実力を持つサキュバス。

65 :名無しになりきれ:2006/11/20(月) 14:15:19
おっぱいはユフィールより大きいなw
ユフィールよりボンキュ(ryじゃないかー
それに褐色女性は個人的に好きだしー
ワーイ ワーイ


66 :名無しになりきれ:2006/11/20(月) 15:57:34
俺もルナみたいな褐色でエロい身体したお姉さんは大好きだ!
パイズリしてほしい!

67 :名無しになりきれ:2006/11/20(月) 18:40:33
ユフィールもルナもおっぱい大きいのにパステルは(笑)

68 :名無しになりきれ:2006/11/20(月) 18:51:01
ユフィール→ドM
パステル→ドS
ルナ→ニュートラル

でFA?

69 :名無しになりきれ:2006/11/20(月) 18:53:57
3匹とも是非買取たいのだがいくらだろうか・・・

70 :ルナ ◆noXAF8gj0o :2006/11/20(月) 19:29:37
>>65
まぁね〜、スタイルには結構自信あるんだ。
そうやって喜んでもらえるのは嬉しいよ。
まぁこれからは気軽に私に甘えていいからね。

>>66
あはははっ!あなた随分ストレートね。
でも、そういう直球勝負みたいなの、私は好きだよ。
まぁ流石にそこまでサービス出来ないけどね。

>>67
そのパステルって子は胸は小さいようだね。
まぁ胸の大きい小さい、なんて些細なことだとは思うけどさ…

>>68
まぁどっちって言うとSかな?
基本的サキュバスって種族はSだと思うよ。

>>69
三匹も独り占めなんて贅沢すぎだよ…一人に絞りなさい。
ああ、私は絶対買取なんてされないけどね。

71 :名無しになりきれ:2006/11/20(月) 19:48:24
>>59
【ナイフが刺さっても倒れない事に少し驚くが、次の瞬間には落ち着き払って】
流石化け物・・・半端な生命力では無いという事か。覚悟はしていたが、見るのと聞くのと
ではやはり違う。だが、動きは緩慢なようだな?チェチェンゲリラの方が素早さでは上だ。
【小声で】ま、容姿は触手を除けば貴殿のほうが上だがな。

>本当はヤりたくて >まずは知ること
///・・・コホン。経験と夜の生活を貴殿に心配して頂かなくても結構。
それよりもロシア軍人の鉄の精神と精強さを貴殿の身をもってお教えしよう!

【アサルトライフルを構え、グレネードを撃ち込む】

72 :パステル ◆bVt.cW85Ug :2006/11/21(火) 00:21:14
>>61
これからよろしくですわ、ユフィールさん。
ふふ、素敵だと思いますけど大地を次元の彷徨い人なんて。
大地を這うことは鳥にはできないんですから。

>初っ端からトバしすぎるのは私の悪い癖だからな。
……それはユフィールさんだけじゃなくて、サキュバスの癖かもしれませんわ♥

>>62
こうしてこの方もだんだんと入れ込んでくるのですね……
(物陰から古書商人を見ている)
といいますか……この殿方こんなにも魔道書とかに精通してるなんて、
本当に人間なんでしょうか?まるで化石みたいな人。

>>63
本当ですか?でしたらいいですよね……?
んっ……ちゅっ…ちゅうっ……(唇を重ねたあと舌を入れて掻き回す)

……ふふ、どうやら私も貴方のこと好きになってしまったみたいです。
続きを是非したいのですけれど……いいでしょうか?

>>64
よろしくお願いしますわルナさん。
有名な方みたいですね、私はあまり高位ではない端女なので。
あまり詳しくは知りませんでしたけれど、お許しください。

>>67
比べて笑うなんて……そんなに意地悪をなさらないで……。
自身が無くなってきてしまいますから、それに、
いくら好きなものでも毎日食べ続けると飽きるっていいますでしょ?
大きい胸の方が好きでもずうっとお相手していると飽きてくることもあると思いますの。

そんなときに……私はどうでしょうか?

>>68
……それはつまり私はマゾヒストということを言っているんでしょうか?
でも、当たってるかもしれません、ユフィールさんとルナさんは分かりませんけど。
私は少し、いえ、凄く強引で支配的な殿方の方が好きかも♥
だって、力強くて素敵なんですもの……

>>69
お金なんて要りませんわ、でも売られてもさしあげられないんです。
私、束縛されたりするの好きなんですけど……それは深い夢の中でのお話。
いつも一人のものになるのは嫌なんですの。
その代わり、私と愛し合いたいと思ったらいつでも来てくださって構いませんわ。

……今日はいかがでしょうか?

>>70
>基本的サキュバスって種族はSだと思うよ。
……私は支配的になるよりも支配されたいんですけど。
押し倒されたり強引な口調で迫られるのに弱いですわっ。

やっぱりマゾヒズム的なんでしょうか?私。

>>71
つまらない方、ロシア軍人がどうたらという口上もありきたりな決め台詞ですわ。
ユーモアがない方ということは、さぞかし青春時代は女性に構われない日々を送っていたのでしょうね。
成人誌を読み漁りながら暗い雰囲気の部屋でひたすら自分を慰める日々。
とても可哀相……ああ、ですからそんなに歪んでいるのですか?

73 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 02:13:42
>そんなときに……私はどうでしょうか?
俺はユフィールやルナみたくエロい身体したムチムチお姉さんが好きで
パステルみたいなド幼児体型にはあまり興味ないんだがそう言われちゃしかたない
その小学生レベルの身体を堪能させてもおうじゃないか

74 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 04:56:50
サキュバスのお三方はチ○ポ好きかな?

75 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 10:07:43
ロリロリでエロエロなサキュバスがいると聞いて飛んできました


76 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 14:56:48
ユフィール、ルナ、パステル
ぶっかけてもいいかな?

77 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 17:59:28
サキュバスが相手とはいえセクハラ多いですね

78 :ルナ ◆noXAF8gj0o :2006/11/21(火) 19:28:16
>>72
まぁ可愛らしい子ね。よろしくパステルちゃん。
私は一応戦闘能力は高いからね。サキュバスの中でも有名な方だとは思うけど
今は人間界でのほほんとやってるし魔族間の知名度なんて、どうでもいいけどね。
>……私は支配的になるよりも支配されたいんですけど。
>押し倒されたり強引な口調で迫られるのに弱いですわっ。

>やっぱりマゾヒズム的なんでしょうか?私
うん、たぶんおもいっきりマゾだと思うよパステルちゃん。

>>73
なんだかんだ言って結局エッチなこと出来れば誰でもいいんじゃないの、あなた?

>>74
どちらとも言えないかな?
いい人のチ○ポはいいし、イヤな人のチ○ポはイヤ。

>>75
ようこそ…きっと、あなたを満足させてくれるサキュバスが見つかるわよ。

>>76
火の玉撃つよ。

>>77
そりゃしょうがないわよ。男ならサキュバスの妖艶さに惹かれるのは
当然だからね。私は全然悪い気はしないし、いいんじゃないの。

79 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 21:51:39
ワレメ見せろや

80 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 22:32:47
Wパイズリされたい

パステルは却下

81 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 23:14:12
【グレネードの爆発により、部屋中が硝煙と粉塵に包まれる】
さて、この隙にどこかに隠れて不意討ちを喰らわせてやるか・・・
>>72
【突然現れたパステルに驚き、その毒舌に唖然とするも、なんとか言葉を紡ぐ】
・・・一応、出会いはあったんだぞ?ただ、今回の任務で私はこんな異世界に。
彼女は中央アジアに飛ばされただけだ。って、私の私情はどうでも良いんだ。

私は国防大臣の命令でユフィールなる淫魔を捕獲して、科学アカデミーに引き渡す
ために派遣された。従って目標はユフィールただ一人。貴殿を拘束したりましてや
一戦交える気は無いので(化け物二人も相手にできるもんか)どうか下がっていて欲しい。

ユーモア?戦闘中にはあまり必要無いと思うが・・・まあ、普段は愛好している。
我が国の政治を皮肉ったアネクドートは一級品だぞ?

82 :名無しになりきれ:2006/11/21(火) 23:49:11
>>80
俺もユフィールとルナのエロ乳でWパイズリされたい
パステルは却下以前に絶対不可能だしな

83 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/22(水) 00:07:56
>>62
ルゥー「(…これ、基礎書だけどいろいろと応用が利きそう。)
     (ここのところきな臭い出来事が多いし…力の無い僕にはちょうどいいや。)
     …いろいろあったんだね。ありがとう。すっごい大事にするよ。
     本が売れて、あんたのお爺さんも喜んでるかもね…。

     …でも一つ、気になることがあるんだ。
     あんたの若さで、この手の古書を商うのはなかなか難しいと思うんだ。
     お店に出すには値段をつけなきゃいけないでしょ?
     鑑定とかって自分でやってるの…?
     (…この人、「魔界」に少しずつだけど引きずられてる。この館に「道」が繋がったのも…。)
     (この人を魔道へと導いている存在があるはず。)
     (そこに辿り着けば、僕の欲しい物がもっと…。)

>>63
見事にぱっくりとわかりやすい論法だな。
しかし私にはそれもただの言い訳に感じるよ。
そもそも好きという感情に理屈など入り込む余地は無い。
素直に惚れたのだと認めてみたらどうだ?
ただロリを相手にすると思うよりはよほど熱い交わりを楽しめる。

>>64,70,78 ルナ
おおっと、もう一人現れたか。
ここも活気が出るようで、私は嬉しい。
私の名はユフィール。よろしく頼む、ルナ。

獄炎の魔女、か…。
若いサキュバスに強い力を持つ奴がいることを風の噂で聞いたことがあるが。
もしかしてお前のことだったのかな?
それにしてもこれほどはっきりと属性が出ているとは、サキュバスにしては珍しい。

>>65-66
やれやれ…これまた素晴らしい食いつきっぷりだ。
本っ当にいつまで経っても男ってのは私達の思う壺のままだ。

>>67
サキュバスに関しては大きさが全てではないよ。
現にお前みたいな奴が彼女の胸に吸い寄せられている。
狭いかもしれないが、どこまでも深くて暗い門さ。
片足の指先でも、少しでも踏み入れたら二度と戻れない。

>>68
ふふふっ、さあ、どうだろう。
SとMというのは時として円となって繋がっていることがあるからな。
私が被虐的なシチュエーションを好むからといって、必ずしもそうであるとは言い切れない。
他の二人に関しても同様だと思うぞ。

84 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/22(水) 00:09:17
>>69
「安物買いの銭失い」だとか、「タダほど高いものは無い」っていう諺を知ってるか?
どんなに値段が高かろうが安かろうが、そんなのは大した意味を持たない。
私達を身請けして、得ることと失うことを冷静に秤にかけてみろ。
そうすりゃ、答えなんぞ直ぐに出る。
お前にとって最も賢い選択がな。

>>71,81
…戦いの最中にユーモアは必要無い…全く同感だな。
はぁ……はぁ……くそ痛ぇ…。
今の癇癪玉は少し効いたぞこら、このくそ軍人が。
やれやれ……いつの間にやらそっちの世界でもお尋ね者かよ、私は…。
少し派手に餌を漁り過ぎたかな…。
ただの人間相手に「力」を使うのは気が引けるが……まあ仕方あるまい?

(ユフィールの身体が黒い魔力を纏い始める。)

>>72 パステル
>大地を這うことは鳥にはできないんですから。

そうなのかもしれない。
私は鳥には見えない景色に気付いて、愉しみ、生きていくべきだった。
鳥になることを望んでしまったのが私の過ち。

>比べて笑うなんて……そんなに意地悪をなさらないで……。

ふーん、望んでそういう姿を取っているのかと思っていたのだが…。
どうやら違ったみたいだな。
しかし、ちゃんとそれを武器として活用しているあたりは、サキュバスだな。。

>>73
そんなこと言って、お前、本当は好きなんだろう?
好きで好きでたまらないのだろう?
ほら、あれだ、今、流行りの言葉だ…。
ツ……ツ、ツ………チャンドラー!
……だっけか?

>>74
ああ、私は好きだよ。大好きだ。
…というか、それを抜かしたら男に一体何の価値がある?

>>75
また一人、哀れな子羊ちゃんが釣られたな。
食用として以外の使い道がある分、本物の子羊ちゃんのが数段ましか。

>>76
かけてもいいが、並の量じゃ満足しないぞ?
質が薄くてもだめだ。

85 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/22(水) 00:10:18
>>77
逆に考えてみれば、それだけちゃんとサキュバスとして見られてるってことかな。
嫌がらせってのはこっちが嫌がるからこそ嫌がらせなわけで。
私としてはまあ別にどうということもない問題だな。
ただまあ、一個の人格として哀愁を覚えないことも無い。
私は一体自分をどう扱って欲しいのか?
私は自分が一番わからない。

>>79
ふふっ、おねだりの仕方をママに教わってから出直して来いよ。
別に見た所で何の面白みも無いと思うがな。
ここは感じるための場所だから。
あ、もしかして、今までに一度も見たことが無いとか? あははっ。

>>80,82
ダブルでなんて…贅沢な奴らだな。
問題はお前達にどれくらいの精気があるかだ。
単純に考えて逝くまでの時間は半分、精気は折半だからな。
私達のメリットがいまいち少ない。

86 :名無しになりきれ:2006/11/22(水) 00:43:36
仲間が増えたことによってユフィール様が活動的になられた(*´∀`*)ぽ

87 :名無しになりきれ:2006/11/22(水) 02:25:50
ユフィールさん、おちんちん好きなら僕のをしゃぶってください

88 :名無しになりきれ:2006/11/22(水) 09:26:35
ツンデレだよ

89 :名無しになりきれ:2006/11/22(水) 13:42:01
っローター

90 :名無しになりきれ:2006/11/22(水) 16:47:23
つローション

91 :パステル ◆bVt.cW85Ug :2006/11/22(水) 22:17:02
>>73
ふふふ……たまにはあまり興味のないタイプを相手してみるのも一興でしょう?
それに、幼児体型は興味ないと仰ってますけど……
あちらの方はとてもお元気で興味津々みたい(優しく男根を撫でる)

>その小学生レベルの身体を堪能させてもおうじゃないか
激しく、壊れてしまうぐらい掻き回してください♥

>>74
……ええ、もちろん、できるなら雄雄しくて荒々しい方が好みですけど。
でも、いくら立派なものを持っていても、使わなければ意味がないのですけど。

>>75
それは私のことですよね?否定できないですから♥
……もちろん、貴方もエッチなんですよね?(纏っている衣服を脱ぐ)
私でよかったら貴方のお相手をさせていただきますけど……どうでしょうか?
こう見えてもお相手をしてもらった殿方からはよく締まる≠チて言ってもらってるんですの。

>>76
ダメ、そんなの勿体無いです……
どうやら他のお二方もあまり乗り気でないみたいですし。
私に全部くださっても構いませんよね?

>>77
……あ、これがセクシャルハラスメントっていうものなんですの?
やっぱり人間の方達と私みたいなサキュバスの感覚って違うんですね。
私からすればこれが平穏な日常なんですけど。

>>78
宜しくお願いします、サキュバスの中でもご高名でしたなんて全く知りませんでしたわ。
私も人間界でのほほんとやっているものでして……
といいますか、魔界に戻れないんですの……

>うん、たぶんおもいっきりマゾだと思うよパステルちゃん。
そうでしたか、これでなんだかモヤモヤしたものが晴れました。
……だれか私をめちゃめちゃにしてくれる方を探しに行くのも良いですね。

>>79
……視姦するのはあまり健全と言えるとは私思わないんですの。
だって、その気になればすぐ手が届く距離ですのに、なにもせずにただ見ているだなんて。
あと、私……積極的じゃない方はあまり好ましくないです。もっと強引に迫ってほしかった。
もうちょっと素敵になったらまた声をかけてくださいね……さようなら。

92 :パステル ◆bVt.cW85Ug :2006/11/22(水) 22:18:15
>>80
……それではそれが終わったらお相手してもらえますか?
仲間はずれはあまり好きじゃないんですの。

>>81
あら、そうでしたの……ごめんなさいとても失礼なことを言ってしまいました
(悪いことを言ったように気を使いながら喋る)
そう、中央アジアに……ああ、引き裂かれる恋というのは他人事でも悲しいものです。
お辛いでしょうね、国防大臣という方に引き離された挙句、こんな不毛な戦いをやっているのですから。

(ユフィールから湧き出る黒い魔力を見て物悲しそうにする)
……どうやらユフィールさんが恐ろしいことをする気らしいので。
貴方の言う通りに引っ込んでおきますね……さようなら悲しい人。

>>82
……そう、ですね、確かにちょっと無理なようで。
でも……なにか釈然としないですわ。

>>84
ええ、少なくとも私はそうだと思いますの。
そして鳥の過ちは、ずうっと羽ばたき続けなくてはならず、
絶えず日光で焼かれる空に愛を見出せず、
休める場所がある地上に憧れた点ですのよ……
ふふふ……

この身体つきは生まれつきですよ。

>>86
私のような存在がいい意味で刺激になって良かったです。
……ですけど活動的になったサキュバスはお気をつけた方がいいかもしれませんわ。
けっこう食欲旺盛だったりするかもしれませんので。

>>88
ツンデレなんですの?今流行っているそうですね。
でも、ツンデレという正確も大変そうですわ。
自分に素直になったほうが生きやすいように思うのですけれど……

>>89
あ、これは女性が自慰をするときに使う道具ですね。
でも、これを渡されてもしょうじきに言って困ってしまいます。
だって……これはだれもお相手がいないときに使うものでしょう?
……お相手ならいま私の目の前に居ますから。

ということで……どうでしょうか私と。

>>90
ローションはあまり好きじゃないんですの、
ローションでするよりもちょっと時間をかけてでいいですから
前戯をしたあとにゆっくり愛し合いたいんですの。

粘膜と粘膜が触れ合うのが一番心地いいです……

93 :名無しになりきれ:2006/11/22(水) 22:40:02
インポですがなにか?

94 :古書商人 ◆1OFM5sCyWg :2006/11/22(水) 22:58:43
ああ、この手の古書の鑑定は、爺さんの代からのお客様にお願いしてるんですよ。
自称『魔導士』だそうで─もちろん、魔法とやらを使ってるのは見たこと無いですけどね。
(…当たり前だよな。魔法だの奇跡だの、都合のいいものがあったなら、爺さんも、アイツも…。)

その人に言わせると、私は「見る目は無いけどいいモノに恵まれる」んだそうで。(苦笑)
「その筋」の本の著者とか歴史には凄く詳しいんで、参考にはなるんです。けど、その…。
『魔導書としての価値』とやらで法外な値段を付けろと言われるもんですから、ちょっと…。
そんな訳で、値段は自分で付けてます。もちろん『古書としての価値』で、ですけど。

(男と話している間、ルゥーは一瞬だけ「別な何か」が放つわずかな魔力を感じ、そちらを見た。)
(床に置かれた男の荷物─これも中身は古書らしい─から感じられたようだ。)

95 :名無しになりきれ:2006/11/23(木) 04:53:15
パンツちょうだいそしたら帰っていいよ

96 :名無しになりきれ:2006/11/23(木) 22:12:00
ちんちんにブツブツが・・

97 :名無しになりきれ:2006/11/23(木) 23:46:43
>>84
うん?な、なんだこの悪寒は・・・?嫌な予感がビンビン来ているぞ。
この調子だと、屋内での接近戦はまずそうだ・・・。あまり弾薬も無いし、
外に戻って弾薬補充をし、迎撃体制を取るか。しかし、グレネード喰らって
あの程度だとは・・・私は相当ヤバイのを相手にしているようだな。
【近接式ブービートラップを二、三個置きながら外へ向かう】

>>92
いや、任務にあれこれ言う事はできない。それがどんなに過酷なものであろうとな。
国家に忠を尽くすと決めた以上、仕方の無いことさ。

・・・そうか、退いてくれるか。とりあえず、不意討ちを喰らわずに済んだな。
【パステルが館の奥へ向かうのを確認して少し安堵しながら】
悲しい人というのは余計だがな・・・。

98 :ザビー:2006/11/23(木) 23:57:07
「ぐあぁぁぁっ!!…わ、我が名は…サンデー…」
タクティシャーン!!まだ使命終えてないヨー!!
何てゴムタイな事ヲ!もう謝ってもダメ!ブッとばすからネー!!
(両手に携えたキャノンから連続砲撃)

99 :名無しになりきれ:2006/11/24(金) 12:12:21
サッキュバスのエレノアです
サッキュバスのメリッサなのだ
インキュバスのアルカンツェルだ
忘れられないうちに参上!!


100 :名無しになりきれ:2006/11/24(金) 12:26:36
はっはっは夜はいい吸血鬼ドランクダ参上!!
って今昼!!うぼぁ!

101 :名無しになりきれ:2006/11/24(金) 12:33:40
スレ違いなのに無茶しやがるから・・・・

102 :名無しになりきれ:2006/11/24(金) 13:54:04
救世主 メシア

103 :名無しになりきれ:2006/11/25(土) 23:33:15
ぶらー

104 :名無しになりきれ:2006/11/26(日) 17:09:00
ぶらー

105 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/27(月) 00:02:56
>>86
どういう意味で活動的と言っているのかよくわからんが…。
私だけ一人取り残されるのは嫌だな。なんとなく。
まあ、お前達にとっては不幸以外の何物でもないと思うぞ。

>>87
ふふっ、いいだろう。
その代わり、沢山、沢山、出してくれよ。
私の糧となることを選んだんだ、泣き言は許さない。
少しでも弱音吐きやがったら、逝かす前に殺してやる。
お前の全てを受け止めてやるから、私を溺れさせてみろ。

いくぞ……ん…むぐ…んっ、んぅ……。

>>88
ツンデレ……ああ、そう、それだそれだ。
私とはだいぶかけ離れた属性だよな。
………だよな?

>>89
悪いが機械を使うのはあんまり好きじゃないんだ。
すぐに飽きが来るし、音が五月蠅い。

全然関係無い話だが、女同士でやる時にコレや張り型を使うのは邪道だと思う。

>>90
そっちはまあ、嫌いではないんだがあまり必要が無いというか。
自前でこと足りること、多いから。

>>91-92 パステル
>といいますか、魔界に戻れないんですの……

ん? お前もまさか魔界で何かやらかしたのか。
端女というわりには………いや、余計な詮索だったな。悪い。

結局、どいつもこいつも似たような羨望、嫉妬の念を持っているんだよな。
私は全てを胸にしまっておける程強くはなかった。
お前にも…その端正で涼やかな顔つきを歪ませるようなことがあるのかな?

>>93
そう、そいつはご愁傷様…と言いたい所だが…。
だが生憎、そこが役に立たずともお前達の私達に対する価値が無いわけじゃない。
お前達はな、骨のカスになるまで利用される運命なのさ。
ほら、笑えよ。「役立たず」が役に立つんだ。あははっ。

106 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/27(月) 00:03:38
>>94
ルゥー「…そうなんだ。その魔導士って人……ううん、なんでもないや。
     本貰っておいてなんだけど…この手の商売ってあんまりお勧めしないかも…。
     こういうことしてる人ってみんな、だんだん人じゃなくなってきちゃうんだ。
     あんたのお爺さんも………ん…?
     何だろう、この力……すごく…すごく……。
     ねえ商人さん、まだ何か持ってるんでしょ…それ見せてよ。
     早く…早く見せてよ…!

(何かに興奮し、ルゥーは商人の荷物を勝手に探りだす。)

>>95
パンツ一枚で満足なのか?
枯れてるんだか、突き抜けているんだか…。
残念だが私のはどれもお気に入りでね。
お前にあげられるようなやつなんて一枚も無いんだ。
どうしてもというのなら、キリのをやるよ。

キリ「ちょっと、ちょっと。」

>>96
気にするな、大した問題じゃあない。
病であろうと、無かろうと、だ。
劣悪な環境での交わりなど、昔から慣れている。
それに私自身が半ば病みたいなものだしな。

>>97
てめぇ…逃げる気かよ…。
お前をバラして犯すまで…絶対に逃がさねぇぇええっ!?

(網に絡め取られて吊るされるユフィール。)

…締まらねえ…くそ……あの野郎…ぜってー殺してやる。
(しかし、ここで退いたということは…一度の攻勢で持てる火力が知れたな。)
(時間もできたし…今度は私が罠を張る番か。)
(思う存分囁いてやるよ。私の呪いの言葉をな。)

>>98
やっと出てきたかこのカッパ頭が。
とりあえずお前のそのつるっつるっの脳天をボコボコにしてやる。
そんな飴玉効かないってんだよ!

(砲弾を鷲掴みに受け止めてから投げ返す。)

107 :ユフィール ◆Uphir.VmXw :2006/11/27(月) 00:04:18
>>99
忘れちゃあいない。忘れちゃあいないがな…。
なんというか…なあ?

>>100-101
吸血鬼が日光に弱いっていうのは人間が都合良く創り出した話だと思っていた。
てっきり陽の光が嫌い、程度かと。
本当に死ぬ奴っていたんだな。

>>102
救世主なんてこの世に存在しない。いちゃいけない。
それが私の持論だ。
考えてもみろ、たった一つの存在で世界を動かすことなどできるはずが無い。
複雑怪奇で汚らわしいこの世界で、だ。
世界はそんなに甘くないよ。

108 :名無しになりきれ:2006/11/27(月) 00:59:28
お尻ゲット クンクン( *゚Д゚)ムッハー

109 :名無しになりきれ:2006/11/27(月) 17:27:26
>>世界はそんなに甘くないよ。
メシアって言う曲があるんだよ。知らないの?

あと、キリって誰だっけ?お前さんの使用人の名前忘れちゃったからもっかい教えて

110 :名無しになりきれ:2006/11/27(月) 21:06:23
>>106
はぁはぁ・・・どうやらあっさり引っかかってくれたようだな。しかし、一人ではきついな。
早く連中が来ないと・・・来たな(ニヤ
【武装した兵士達が森の中から姿を現した】
「パトルシェフ中佐、レベジェフ中尉以下十名ただ今到着いたしました」
うむ、チェチェン以来だな・・・シベリアでは元気にしていたか?
「はっ、流石にセヴェルナヤの寒さは辛かったでありますが、中佐の訓練のおかげで耐えられました」
よろしい、早速ブリーフィングに入るとしよう。敵はサキュバス一体とその使用人数名だが、使用人との
交戦は未だ無く、実力は未知数だ。また、サキュバスは幻術を使い背中に触手を持っている。耐久力も
高く、銃はあまり効果が無い。下手に接近戦を仕掛けるのは非常に危険であり、従ってできる限り中〜
遠距離で戦うようにしろ。ただ、爆発系の武器はわりと効果があるようだ。また、屋敷の内部には特に
仕掛けは無かったが、今はどうなっているか分からん。従って、各員警戒するように。質問あるか?
「ありません」
よし、では作戦開始だ!
「了解!」
【兵士達は屋敷にゆっくりと近づいて行った】

部下と貞操だけは守り通してみせる・・・!


−ユフィールだけに見える−
私はこっちを考えていたのだが。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97

111 :ルナ ◆noXAF8gj0o :2006/11/27(月) 23:14:17
>>79
だ〜め!タダじゃ絶対見せてあげませ〜ん!
そんなに見たかったら何かちょうだいよ。

>>80
巨乳サキュバス二人に奉仕してもらおうなんて贅沢すぎるのよ!

>>82
あらあら、ここにも文武不相応な夢を語る男が一人…
まぁ確かにパステルちゃんの胸じゃね。

>>83
うん、よろしくねユフィール。
ふ〜ん、パステルちゃんはロリロリだけど、あなたはエロエロな感じね。
いい身体してるじゃな〜い。胸はちょっと私が勝ってるみたいだけど。
(そう言ってユフィールの胸やお尻を触る)
>若いサキュバスに強い力を持つ奴がいることを風の噂で聞いたことがあるが。
>もしかしてお前のことだったのかな?
う〜ん、そうかもしれない。一応私あっちの世界じゃ有名な方だしね。
>それにしてもこれほどはっきりと属性が出ているとは、サキュバスにしては珍しい。
うん、サキュバスでこれだけ炎に偏ってるのも私くらいだろうね。
ああ、後これからはユフィールのことはユフィちゃんって呼ばせてもらうよ。

>>89>>90
これが大人もおもちゃってヤツね。
一応もらっておくわ。

>>93
それはお気の毒に…まぁ人間の精気を吸うサキュバスにとっては
インポでも、たいしてかまわないのかもしれないけど私は精気吸うだけじゃ満足出来ないからね。
やっぱ、ちゃんとエッチ出来ないと、つまんないもん。

>>95
パンツだけで満足なの?随分欲がないわね。

112 :ルナ ◆noXAF8gj0o :2006/11/27(月) 23:14:56
>>96
あら〜それってなんかの病気?性病の一種?


>>99
はい、ありがとうございました。
三人の今後のご活躍にご期待ください。

>>100
身体を張ったギャグありがとう。
でも、おもいっきりスベってたよ。

>>108
……何やってんの?

113 :名無しになりきれ:2006/11/27(月) 23:15:50
桃尻ゲット!ムッハー

114 :名無しになりきれ:2006/11/28(火) 00:22:25
パステルたんと受精しちゃうよ!

115 :古書商人 ◆1OFM5sCyWg :2006/11/28(火) 00:34:53
(荷物を探るルゥーに動揺しながら)
えっ!?あ、ええ、大した物は入ってませんから構いませんけど…。
今日仕入れた古書と、台帳と、あとは爺さんから貰った……

(男の目が光を失い、置物のようにゴトリと床に倒れる。)

『やれやれ…見逃してはくれんか?わしもこの男も、まだやる事があるでのう。』

(気絶したというよりは魂が抜かれたような男の体の上に、一冊の古びた本が浮いている。)
(「それ」は、ルゥーの頭の中に直接語りかけて来た。)

『わしは「過ぎたる日の書」。この男は、自分では動けないわしの手足の代わりというところかの。
 …争うつもりは無い、話を聞いてくれんか?もっとも、わしには争う力なぞ無いのじゃが。』

(落ち着いた老人の声は、攻撃されないと判ると少し間を置いて続けた。)

『この男には、とある事情で破られ、世界に撒かれたわしの妹─「来たる日の書」を探させておる。
 この館に気配があったのでな、中に入るようわしが仕向けた。…本人は全く意識できんがの。
 ルゥーと言ったな?返し…いや、譲ってくれんか?タダでとは言わん、持ってきた古書全部と
 引き換えじゃ。お前が望み求めるものの答えそのものではなくとも、役には立つはずじゃ。
 …それ、そこの書棚にある魔導書のしおりになっとる切れ端、それじゃよ。』

116 :名無しになりきれ:2006/11/28(火) 00:42:55
古書商人っていらなくない?

117 :名無しになりきれ:2006/11/28(火) 01:11:35
♪日々の糧を
与えたもう
恵みの御神は
誉むべきかな
アーメン♪

いただきま〜す!(がばっと抱きつく

118 :名無しになりきれ:2006/11/28(火) 10:54:28
ある日、ユフィールお姉ちゃんが笑っていた
よく見たらテレビで吉本を見ていた
もう自分も笑うしかないと思った

119 :名無しになりきれ:2006/11/28(火) 10:55:53
>116
いやいや重要なコテですぞ
食われるのがおちだが
ザビーはバサラスレに帰れ

120 :名無しになりきれ:2006/11/28(火) 17:02:32
俺のザビーかえしてよぉ!

121 :名無しになりきれ:2006/11/28(火) 19:45:20
お前にはホッパーあるじゃん

122 :名無しになりきれ:2006/11/29(水) 00:53:50
さっきゅん

123 :名無しになりきれ:2006/11/29(水) 19:54:59
さだめとあれば こころをきめる

124 :名無しになりきれ:2006/12/02(土) 13:06:29
サキュバスさんたちに放置プレイされてる( *´∀`)ハァハァ

125 :名無しになりきれ:2006/12/02(土) 14:12:06
俺を癒してくれ…ユフィールの愛で…


126 :名無しになりきれ:2006/12/02(土) 23:20:56
何となくだが全員に浣腸(ズブ

127 :名無しになりきれ:2006/12/03(日) 23:21:48
後ろからいきなりジーグブリーカー!

128 :名無しになりきれ:2006/12/05(火) 13:53:05
アニメやゲームでしか勃たなくなっちまった…

129 :名無しになりきれ:2006/12/05(火) 20:26:31
チソコ(゚听)イラネ

130 :名無しになりきれ:2006/12/06(水) 11:45:17
サキュバスのメリッサなのだ
今日は野菜サラダ定食なのだ


131 :名無しになりきれ:2006/12/09(土) 21:01:29
さっきゅんのためにオナ禁し続けてるのに・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。 わーん

132 :名無しになりきれ:2006/12/09(土) 21:07:03

使わないならいらないよね? きみのチソコぼっしゅーと♪しちゃったよ

133 :名無しになりきれ:2006/12/12(火) 20:19:47
やあ!!

134 :名無しになりきれ:2006/12/13(水) 01:27:25
うにゅう

135 :サキュバス:2006/12/13(水) 07:30:22
うるさいなぁ…おちおち寝てられないじゃないかぁ…

136 :名無しになりきれ:2006/12/15(金) 14:18:54
俺の精でも吸う?

137 :名無しになりきれ:2006/12/17(日) 00:00:06
年末だし、ユフィもミニスカサンタでバイトしてるんだろうか。

138 :名無しになりきれ:2006/12/19(火) 08:21:52
正直ダサいけど柚須羽(ゆすば)サキ(人間界での仮名)と言う名前でサキュバスを主人公にした小説を書こうとしたことがあるお

139 :名無しになりきれ:2006/12/21(木) 01:03:03
いいちこ飲む?

この時期は飲まんとやりきれん・・・・・・・

140 :サキュバス:2006/12/21(木) 10:07:04
いいちこよりブランデーがいいな♪

141 :名無しになりきれ:2006/12/21(木) 12:40:36
>>140
未性年の飲酒なので

 __[警]
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ )
   | |  | |

142 :サキュバス:2006/12/21(木) 16:30:52
>>141ちょ、ちょっとまっておにーさん!
これでも20歳越えてるんだから!

143 :名無しになりきれ:2006/12/24(日) 14:11:47
そんなうそをいうな!その幼児体系でぺったんこで毛はえてないのに?

144 :サキュバス:2006/12/24(日) 14:46:09
>>143う…な、何で知ってるの…?

145 :名無しになりきれ:2006/12/24(日) 16:29:43
毛が生えてないと舐めやすくいい

146 :サキュバス:2006/12/25(月) 00:24:35
>>145…き、今日もいい天気ね(引きつり笑顔)

じゃ、あたしはこれで(逃走)

147 :名無しになりきれ:2006/12/25(月) 01:16:57
メリークリスマス、ミスユフィール。

「戦場のメリークリスマス」はいい・・・・・
唯一癒されるクリスマスソングだ。

どうだ、こっちに来て一緒に一杯やらんか?
キリストの血たるワインは無いが、ビールとスパークリングワインなら幾らでもある。

148 :名無しになりきれ:2006/12/25(月) 01:47:29
そろそろ一ヶ月か・・・うわーん

149 :名無しになりきれ:2006/12/25(月) 08:40:20
ユフィールカムバァァァァァッッック!!!

150 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 10:53:14
デビルチンポアタァァァァァッッック!!!

74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)