2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【イベント/北海道】北海道護国神社 初詣[2007/01/01-03]

1 :びあれφ ★:2006/12/26(火) 12:08:46 ID:??? ?2BP(3415)
約2万坪の広大な境内と、壮麗な社殿を誇る神社です。
初詣には毎年6万人もの参拝者が訪れ、1月1日には
元旦祭、3日には元始祭が執り行われます。

開催日:2007年1月1日〜3日
開催場所:北海道旭川市 北海道護国神社
イベント詳細情報については下記サイトをご参照ください。
【引用元】http://local.yahoo.co.jp/static/event/a101/37634.html

2 :情報発信元:七七四通信社:2006/12/26(火) 15:56:06 ID:HG2H9NJj
● 北海道民は人肉を食べることを楽しんできた
北海道民は違う。あきらかに人肉を食べることを楽しんできた。人肉食、人相食、夫食婦、婦食夫、
こういう記録が北海道の歴史の随所に見いだされる。あの松前藩は子供の丸蒸しを料理として賞味した。
江戸時代には人肉料理のメニューさえある。そのころ食肉用の人間は「両脚羊」と呼ばれていた。
1960年、北海道で炭鉱事故がおこり、ただ一人生き残った炭坑夫は生き残るために人肉を食べた。
そして「息の切れた人間の肉はおいしくない。やはり生きている人間の肉はうまかった」と発言して大きなニュースになった。
人を食べたからではない。どれが美味しかったという点でだ。それについて北海道大学の教授が人肉と牛肉と豚肉のいずれが、
より栄養価が高くうまいかを新聞紙上でコメントした。
このことは如実に北海道の社会常識として現在でも人肉は食用たりうることを物語っている。
つまり北海道にとって人間を食べるという行為は飢餓をしのぐのためではなく、食文化の一つなのだ。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)